You Tubeが楽しい。

最近はまってるのがYouTubeです。

 

久しぶりの投稿です。

毎日朝から晩までいったい何時間PCの前に座って眺めているんだろうか、自分でも心配になるくらいです。いろんなチャンネルがあるんだけど、野球関係、サッカー関係、パソコン、政治、軍事、旅行関係など多岐にわたります。

野球関係は「高木豊チャンネル、里崎チャンネル、片岡チャンネル」

大洋ホエールズで活躍した高木豊選手は野球選手のYou Tuberの先駆けです。同じ系列で元ロッテの里崎選手、元日本ハムの片岡選手のチャンネルもよく見ています。プロ野球選手の裏話がメインです。他に元中日の井端選手のチャンネルもあります。

次から次と野球関係のチャンネルが増えています。引退した選手で話術にたけた人の副業って感じです。

大リーグのダルビッシュのチャンネルも面白い

 

ダルビッシュは現役大リーグだけどシーズン中にも配信しています。基本彼一人で画像を作っていて、話は多岐にわたります。日本時代の裏話やトレーニング法、アメリカでの苦労話などなど。今年大リーグにわたった菊池雄星選手を励ましたりと彼の人柄が伝わります。ダルビッシュっていいやつなんだなあ。

大御所、金村義明もネット配信してる

関西の大御所元近鉄の金村さんはトークの面白さは折り紙付きです。自分の番組に松村邦洋がきた回は抱腹絶倒でした。

 

You Tubeの問題点

ユーチューブはいつでも見れて、録画の必要もない。従来のテレビに代わる存在になりつつあります。実際従来のメディアの広告収入をネットの広告収入が上回るくらいに成長してきました。電通が赤字に転落したのがそれを物語っています。

だれでも自由に参加できるユーチューブは作り手の裁量で流されるため、間違った情報や配慮を欠いた表現が使われたりと問題もあります。いったん流された間違った情報は訂正削除される前に拡散されてしまう可能性があります。要は裏を取らずに思い込みで流してしまう問題です。実際被害にあった例がニュースで流れていました。従来のメディアでは取材で裏を取ってうえが検閲して発表していたわけです。情報のハードルが低くなった代わりに危険も増えてくるということです。

サイトの自主規制

ユーチューブでの表現も意図的に運営側から規制をかけられているという話を聞きます。当然公序良俗に反するものは当然ですが運営側の意にそぐわないチャンネルは閉鎖されるとか。運営側が従来のメディアに代わる存在になるだけなのかもしれません。違法のアップロードも公然と行われています。視聴するほうとしてはありがたいですが。これからもいろいろ問題が噴出しそうな世界です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍事オタク履歴書

還暦過ぎの趣味趣味おじさんです。

今日はテーマを変えて、軍事オタクの履歴を紹介しましょう。

私は四人兄弟の二番目。他の三人はみな女。そういう環境で育ちました。ママゴトモは

嫌だし、近所の子供たちとも遊ばず、家で本を読んでるのが好きな子供でした。学校に

上がって夏休み,冬休みは母の実家に年の近い叔父たちがいたのでいつも遊びに行って

ました。映画に連れて行ってもらったり、レコードを聴いたり、いろんな本を読んだり。

その中に「丸」という軍事雑誌がありました。子供心にも戦闘機、戦車、軍艦格好いい

なあと感じたんでしょう。また5歳年上のいとこがすでに軍事オタクで「航空ファン

を購読していました。それらの影響から私も軍事オタクの道へというわけです。それか

ら小学生の3年生ころからプラモデルを作り始めました。プラモデルが流行し始めた頃

でした。

私の両親は戦中派で父は学徒動員で神奈川の軍事工場で働いたことがあり、母は満州

終戦を迎えています。父は戦争体験としてグラマンの機銃照射を経験したことを話すく

らいでした。実際戦地に赴いたわけではないですから。母は祖父がソ連に抑留された為

(シベリアには入ってない)祖母と二人で引き揚げてきました。途中二人の妹を亡くすと

いう悲しい出来事がありましたが、母はまるで遠足帰りの楽しい思い出を話すように今

でも話します。祖母は悲しい満州の話を私たち孫には決して話しませんでした。

戦後74年が経ちました。実際の戦争体験者が亡くなり、本や映像では体験できても体

験者から直接聞くという事ができなくなりつつあります。戦争を知らない世代がほとん

どとなると問題発言をした議員みたいなのが出てくるのも当然です。今話題になってい

る5Gが軍事の世界に応用されるでしょう。殺人ロボットが歩兵の代わりになり遠く離れ

たコントロールルームでTVゲーム感覚で人殺しを行うということが現実になるでしょ

う。AIが発達したらターミネーターレプリカントが実際に生まれるかもしれません。

話を元に戻しましょう。軍事オタクの少年は中学に入って「航空ファン」の購読を始

め、プラモデルにも塗装をすることを覚えました。ちょうどレベルの32分の1スケールモデルが出始めたころです。当時は筆塗しかできませんでしたが「ゼロ戦」「雷電

「ワイルドキャット」「FW190」etc やはり飛行機が好きなんだなあ。ジェット機

作ったのですが、機首に重りをつけることを知らなくて尻もちをついちゃって格好悪い

し、流麗なスタイルはメリハリがなくてつまらない、しかも銀塗装一色だと余計つまら

ない。そんなわけでもっぱらW.WⅡのレシプロ機、とりわけ塗装映えのするイギリス、

ドイツの戦闘機を作ってました。高校に入ってみると5歳年上のいとこが作った模型部

が細々と活動していました。サッカー部入部に挫折した私は模型部の門をたたきまし

た。当時は先輩もいなくて一年生主体で模型の製作、資料集めとかしていました。当時

WWⅡジオラマがブームで飛行機を作るのは私ぐらいでした。文化祭に出品するた

めに久々に模型や塗料を購入して製作開始です。作品は「ホーカー・タイフーン」32

分の1スケールモデル、レベル製だったかな。武骨なスタイルと塗装映えを狙って選び

ました。部室に先輩の残した作品があってパーツの継ぎ目がきれいに消されていて美し

い仕上がりに驚き、自分の作品の稚拙さにがっかりしつつ、期末試験の合間にしこしこ

と。こんなことしてていいのかと思いつつしこしこ。何とか文化祭に間に合わせまし

た。今でこそ製作のコツは雑誌、映像、ユーチューブといくらでも手に入りますが、当

時は「航空ファン」の2ページのプラモデルのコーナーしかありませんでした。「モデ

ルアート」は出てましたが2冊は買えないから立ち読み専門でした。

私の好きなミュージシャン海外編 その4

還暦過ぎの趣味趣味おじさんです。

イーグルスの次はドゥビー・ブラザースです。中学生のころNHKでヤング・ミュージッ

ク・ショウ?だったか海外のロックライブの映像が放送され、たまたま見たのがドゥ

ビー・ブラザースで髭面のギタリストジェフ・バクスターが椅子に座って弾いているの

が印象に残ってました。「ロング・トレイン・ラーニング」「チャイナ・グローブ」と

かのヒット曲は知っていました。私はマイケル・マクドナルドが加入して路線変更して

からのほうが好きなのです。アルバムでは「キャプテン・アンド・ミー」は傑作だと思

いますし、パット・シモンズの「サウス・ミッドナイト・レディー」は大好きな曲で

す。次の「スタンピード」の冒頭の2曲はドライビングソングにしたら最高です。マイ

ケルが加入してからは傑作アルバムが続きます。そして「ミニット・バイ・ミニット」

でとうとうグラミー賞を受賞します。AOR路線にサウンドを180度転換してヒット曲

を連発したマイケルの力量たるやたいしたものです。加入以前の豪快なロックサウンド

が好きなファンからは軟弱だとして嫌われていますが。グラミー賞に輝いた「ホワッ

ツ・ア・フール・ビリーブス」の特徴的なキーボードのリフは当時多くの曲のアレンジ

に使われました。

これから真打の登場となります。マイケル・マクドナルドやジェフ・バクスターが以前

在籍していたバンドはなんでしょうか。正解はスティーリー・ダンです。私がこよなく

愛するバンドです。いろいろロックを聴いてきて行きついた終着点がスティーリー・ダ

ンでした。「ドゥ・イット・アゲイン」「リキの電話番号」など初期のヒット曲は知っ

ていましたがドナルド・フェイゲンの声も美声ではないですから大ファンというほどで

はありませんでした。後追いで大ファンになったのもバクスターマクドナルド、大好

きなTOTOのドラマーであるジェフ・ポーカロが在籍していたからです。それからCDを

集め始めてすっかり憑りつかれてしまったわけです。音楽評論家のピーター・バラカン

が実際にロンドンでライブで見た感想を書いていましたが、初期のころのイギリスでの

ライブをユーチューブで聴くことができます。そのうまさにびっくりしました。

スティーリー・ダンはメンバーチェンジを繰り返しますが過去に在籍したりレコーディ

ングに参加したプレイヤーから大物が何人も誕生しています。前述の3人やラリー・

カールトン、ジェイ・グレイドン・ティモシー・シュミットなどなど。ジャズ界のマイ

ルス・デービスのロック版のような存在です。ダンのアレンジや録音技術は日本の音楽

界に大変影響を与えているそうです。70年代後期の「幻想の摩天楼」「エイジャ」

ガウチョ」とドナルド・フェイゲンのソロアルバム「ナイトフライ」は大傑作4連発

といえるでしょう。

私の好きなミュージシャン海外編 その3

還暦過ぎの趣味趣味おじさんです。

海外編の三回目です。今度はアメリカのミュージシャンと行きましょう。

中学生のころラジオでよくかかっていたのがキャロル・キングの「イッツ・ツー・レイ

ト」カーリー・サイモンの「うつろな愛」サイモン・ガーファンクル「明日に架ける

橋」・「アメリカ」スリー・ドッグ・ナイトを代表とするダンヒルレーベルの曲、ニー

ル・ヤングの「孤独の旅路」カーペンターズアメリカの「名前のない馬」などでし

た。当時はシンガーソングライター全盛でした。とにかく良い曲が多かった印象があり

ます。小学生のころ近所のお兄さんの所で聴いたLPに「ウッドストック」があって

C.S.N&Yの曲が印象に残ってました。バンドは解散再結成を繰り返しますが、なぜか

ニール・ヤングが好きなんです。決していい声じゃないから私の好みではないはずなん

ですが。C.S.N&Yのライブアルバム「4WAY STREET]は傑作だと思います。ヤングの

曲では「ライクアハリケーン」が好きです。むしゃくしゃした時彼の轟音ともいえるギ

ターへたうまとでもいいますか、この曲を聴いていると心のもやもやが吹っ飛ぶような

気がします。フォーク・ロック・カントリー・グランジと時代の変遷とともにスタイル

を変えつつ現役であり続ける姿は素晴らしい。他の三人がたまに同窓会感覚で再結成し

て音楽活動をしているのとはえらい違いです。

音楽の創作活動も三十歳前後で枯渇してしまうのでしょう。若いころは滾々と湧き上が

る泉のように出てきたメロディーも浮かばなくなる。コンサートを続けて喉を鍛錬して

おかないと声も出なくなり、オリジナルキーで歌えなくなる。創作意欲がわかなくなり

曲の依頼が来て頭をひねって、絞り出すのが現実とか。昔、大瀧詠一さんが俺の曲は

10パッターンを組み合わせて作っているという話を聞いたことがあります。大滝さん

程の音楽知識のある人でも創作には苦労してたわけで、ネタキレになったらあっさり音

楽活動を中止したあたりは彼の潔さを感じます。

話を戻して、イーグルスやドゥビー・ブラザースなどのウエスト・コーストサウンド

大好きでした。イーグルスは「ならず者」がお気に入りです。バーニー・リードンが脱

退する前の「呪われた夜」までです。「ホテル・カルフォルニア」は大ヒットしました

が、ドン・ヘンリーの声が嫌いだから今一つです。グレン・フライの声が好きで,彼の

メインボーカルの曲「テイク・イット・イージー」「テキーラ・サンライズ」「偽りの

瞳」などがいいですね。

私の好きなミュージシャン海外編 その2

還暦過ぎの趣味趣味おじさんです。

ジェフ・ベックの次はレッド・ツェペリンです。「移民の歌】で衝撃を受けましたが

ハードロックはあまり好みではなかったので遠ざかっていました。大学に入ったころ映

画館でライブ映像「永遠の詩」を見てからバンドのすごさを再認識してレコードを集め

始めました。一番のお気に入りは「プレゼンス」一曲目の「アキレス・ラスト・スタン

ド」はハードロックの金字塔といえます。ジョン・ボーナムの圧倒的な演奏を映像で見

ることができますが、ドラムの完コピの演奏をユーチューブで見るのも楽しみです。

ジョン・ボーナムの不慮の死をもってグループ活動は休止となりました。ツェペリンサ

ウンド上で彼のドラムがいかに重要だったかが分かります。レッド・ツェペリンの活動

停止によりハードロックの収集もおしまいとなりました。デスメタルになると私には理

不能で、タモリクラブの「空耳アワー」で笑いのネタに使われて知っている程度で

す。

ヤードバーズ関係の最後の一人,エリック・クラプトンはクリーム以来聴いてはいるの

ですが長いインプロビゼーションも今聴けば冗長なだけだし、インプロビゼーション

とオールマン・ブラザース・バンドのほうが断然うまいと思うし、クラプトンの声がど

うにも好きになれない。なぜかしらローリングストーンズは一枚もレコードを持ってな

かった。70歳過ぎても現役,スリムな体型を維持しているのはプロ中のプロ、これこ

そスターの鏡とは言えますが。楽曲が好みじゃないものですから。他にイギリスといえ

ばディープ・パープルは数枚、プログレッシブ・ロックはあまり持ってなかったなあ。

ELP,ピンクフフロイド、キング・クリムゾンを数枚といったところでしょうか。ポリス

はコンサートに行ったことあるんですが、三人のうまさに驚きました。パンクロックに

なっちゃうともうついていけなくなっちゃいます。結論としてきれいなメロディーと美

しい歌声の曲が好きなんですね。

文化論になってしまいますが経済の発展し市民に余裕があるときに新しい文化が生まれ

ると思います。経済的に停滞しているヨーロッパ圏では新しい音楽のムーブメントが見

られません。アメリカ人は以外に保守的で狭いジャンルの曲しか聞かないとのことで

す。例えばカントリーの好きな人は一生カントリーを聴くのだそうです。

今、経済をリードしている東アジア特に日本の音楽がネットの普及により世界的に認知

されるようになりました。1960年代後半から欧米の音楽の影響を受け、独自には発

展して誕生したJ-ポップス。ダンスミュージック、ラップに飽き飽きした人々の求めて

いたものが遠く日本にあったのです。

外国の文化を取り入れて独自に発展させることは日本の得意とするところです。きれい

なメロディー、美しい日本語の響き、洋楽と似てるがどこか違う斬新なアレンジetc.

特に竹内まりや山下達郎など音楽のルーツをイギリス・アメリカに持つミュージシャ

ンが大人気だそうです。

私の好きなミュージシャン海外編 その1

還暦過ぎの趣味趣味おじさんです。

私の好きなミュージシャンを取り上げたいと思います。先ずは海外編から。

何といってもビートルズ。かろうじてオンタイムで経験できた世代ですが、武道館のTV

放送を見た記憶はあります。基本的に声のいい人が好きなので、断然ジョン派ですね。

シンガーとしての実力は言うまでもなく、彼の作る曲も大好きです。「ア・デイ・イ

ン・ザ・ライフ」「アクロス・ザ・ユニバース」etc.曲の面でビートルズの後期はポー

ルが主導権を握ります。ポールの曲はポップでうまい曲が多いのですが、基本ラブソン

グです。ポップスの歌詞はだいたいがラブソングだから王道とは言えますが。ボブ・

ディランの影響から歌詞に哲学・メッセージ性と持ち込んでジョンの曲は永遠に語り継

がれる曲「イマジンなど」になったといえます。ビートルズ解散後のソロ活動での両者

の曲を比較すれば歴然です。ポールは音楽界ではヒット曲を量産しましたが、ジョンの

社会への影響力は圧倒的です。10年足らずの短いソロ活動期間にもかかわらずです。

1960年代後半、ベトナム戦争への反戦歌、公民権運動など体勢への反発から沸き起

こったロックのエネルギーはジョンの死とともに無くなってしまいました。商業主義が

台頭しビジネスとしてのロックが幅を利かせるとともに私のロックへの関心も薄れてき

ました。ジョンの死はロックの死ともいえると思います。オンタイムでビートルズは経

験していますがEPレコードを数枚持ってるだけど1990年ころからCDの普及ととも

にアルバムをそろえ始めました。だからLPは1枚も持ってません。レコードもCDも

様々なバージョンがあってとても全部は無理です。コレクターじゃないからま、いい

か。初期のCDは音圧が低いのでリマスター版は購入しましたが。

次はヤードバーズの流れからジェフ・ベック。特に第二期ジェフ・ベックグループが好

きです。通称「オレンジ」の二枚目がお気に入り。ジェフのギターはもちろんマック

ス・ミドルトンのキーボードがいいね。このグループはアルバム二枚で解散しましたが

残党が作った「ハミング・バード」というバンドもご機嫌。このバンドも二枚アルバム

を残して解散しました。キーボードがマックス・ミドルトンでドラムがバーナード・

バーディーという本当に解散するのがもったいないバンドでした。このバンドが残した

二枚今でははレアもので売ったのを後悔してます。CDは出てないかなあ。

ジェフはソロ活動でヒットアルバムに恵まれます。。プロデューサーにジョジー・マー

チンを迎えて「ブロー・バイ・ブロー」「ワイヤード」を発表し大ヒットします。ヒッ

トと縁のなかった彼としては、プロディーサーの大切さを実感したことでしょう。

 

1982年ワールドカップスペイン大会決勝以降

還暦過ぎの趣味趣味おじさんです。

1982年7月11日決勝の日となりました。

フランスとの準決勝での死闘を制した西ドイツはGKシューマッハーのラフプレーもあ

りアンチが多かった。対するイタリアは1次リーグでの不調がうそののように、優勝候

補のアルゼンチン、ブラジルを撃破し準決勝でもポーランドにあぶなげなく勝ちまし

た。どう見てもイタリア有利です。さらに、西ドイツはイタリアが苦手。

試合はまた正座して、緊張しながら観戦。今回は録画しながらでしたが、不安は的中

1ー3の完敗でした。イタリアは3回目の優勝です。イタリアに3点取られ西ドイツの

ブライトナーが一矢を報いました。決勝で2大会で得点した初めての選手となりまし

た。優勝したイタリアは1次リーグでは絶不調で3分けでかろうじて二次リークへ進出

し、しかも相手はマラドーナのいるアルゼンチン、ジーコ率いる絶好調ブラジルです。

圧倒的に不利な情勢でしたが、エースロッシが不死鳥のようによみがえり(八百長問題

で出場禁止が明けたばかり)決勝点を挙げます。2次リーグ以降4試合で6点を挙げ得点

王になります。

4年後の1986年メキシコ大会でも西ドイツは決勝に進出しますが、アルゼンチンに

2-3で敗れます。西ドイツのエースルンメニゲは1978、1982、1986と出

場しましたがとうとう優勝ができませんでした。次の西ドイツのエースはMFのロー

ター・マテウスになります。私の贔屓のボルシアMGで注目され、バイエルン・ミュン

ヘンに移籍し大活躍します。私はバイエルンミュンヘンが昔から大嫌いです。だいた

い金に飽かせてライバルチームのエースを引き抜くやり方が気にくわない。プロ野球

巨人と同じです。私は当然巨人が嫌いです。マテウスは1986年大会ではマラドーナ

のマーク役で苦杯をなめますが、次の1990年大会で決勝でアルゼンチンに1-0で

勝ち雪辱を果たします。このころからドイツサッカーに陰りが見えてきます。スピード

と高さのパワーサッカーが中心になり、そこそこの成績は残せるもののつまらない退屈

なサッカーになってしまいました。

2002年日韓大会では決勝まで進みますがブラジルに敗退します。この大会では幸運

にも抽選に当たって決勝トーナメント1回戦日本対トルコ戦を観戦できました。会場は

仙台でしたがサッカー専用球場ではありません。上の席でしたのでグラウンドまで距離

があり遠くで選手たちが動いてるなという感じでTVで中継される臨場感と全然違ったも

のでした。まあ、サッカーファンとしては一生に一度の貴重な経験でした。